掃除している人

プロの手で綺麗にする

鏡を磨く

ハウスクリーニングを利用するタイミングを明確にする

ハウスクリーニングは、高級住宅地のおうちでしか利用されていないイメージがありますが、最近では、一般家庭でも利用できるようなプランがあり、料金設定も利用しやすくなっています。 ハウスクリーニングをどのような時に利用するのかを考えるには、どこをきれいにしてもらいたいかという事と、ハウスクリーニングを利用する頻度を明確にする必要があります。毎日が忙しく掃除をする時間のない方は、週に2,3回ほどのサイクルで、おうちを丸ごと全部掃除をしもらうという方法があります。引越しの入退去時に1回だけ利用することもできます。 自分での掃除が行き届かなくて気になる部分は、家の中に結構あります。アレルギーの原因になるカビやほこりを徹底的にきれいにしたいという方や、エアコンや換気扇、お風呂のカビやシンクの水垢など、どうにかしたけれど、自分では限界があってどうにもならない時にも利用できるので、プロにお任せすることが賢い利用方法です。 梅雨時期には、カビを徹底的に取り除いてもらい、カビ予防まで行ってくれるので、利用者が増えています。ハウスクリーニングを利用する頻度は、内容によって様々ですので良く検討することが大切です。

家の中を掃除してもらうときにかかる一般的な費用とは

ハウスクリーニングにかかる費用ですが、家全体のクリーニングと、部分的なクリーニングではかかる費用も大きく違ってきます。 まず家全体のハウスクリーニングの平均費用ですが、入居者がいる場合と、空き室の場合でも料金が違ってきます。そして、マンションと一戸建てでも費用は違います。入居者がいるマンションの場合は、ワンルーム・1Kで3万円から4万5千円、1LDK・2LDKで4万円から7万5千円、3LDK・4LDKで8万円から10万5千円、5LDK以上で10万円以上が相場です。一戸建ての場合の最低料金はマンションと同じくらいですが、最高料金は、4万円から7万円ほど高く設定されています。空き室の場合は、少し低めの料金設定です。 部分的なクリーニングは、場所によりますが1万円から2万円以内が相場になっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加